閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

知る・調べる

リモートセンシングとは?

リモートセンシングとは、「物を触らずに調べる」技術です。
リモートセンシングには様々な種類が有りますが、人工衛星に専用の測定器(センサ)を載せ、地球を調べる(観測する)ことを衛星リモートセンシングといいます。
衛星に乗せた(搭載した)センサは、地球上の海、森、都市、雲などからの反射したり、自ら放射する電磁波を観測します。その観測結果から次の様なことが分かります。

リモートセンシングとは?
  • 植物を計る 森林伐採、砂漠化、農作物(水田)の状況
  • 地表の温度を計る ヒートアイランド現象
  • 海面の温度を計る 黒潮の蛇行、エルニーニョ現象、漁場予測
  • 地表の高さを計る 地図の作成
  • 雲の状態を計る 天気予報、雨の強さ、台風の内部状況
  • 水の状況を計る ダムの貯水量、洪水の被害状況