閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

ENVISAT

国籍ESA 欧州宇宙機関 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2002年

戻る

概要

別名1 エンヴィサット
別名2 環境観測衛星
別名3 Environmental Satellite
打ち上げ(状態) 2002-03-01(打ち上げ済み)
運用状態 2012-04-08
運用機関 ESA
観測項目・目的 地球をローカルからグローバルの様々なスケールで観測して地球環境の研究とモニタリングに寄与する。主な分野は気象学、気候学、環境、大気化学、植生、水文、土地利用、海洋と氷のプロセス。
軌道 太陽同期
高度 800 km
周期 100.6分
軌道傾斜角 98.55度
赤道通過地方
太陽時
10:00
回帰 35日
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/e/envisat

搭載機器・機器タイプ

Medium Resolution Imaging Spectrometer(MERIS) / 可視赤外マルチスペクトル放射計
観測項目 1150 km(全球を3日毎に観測)
分解能 1040 × 1200 m(海洋)、260 × 300 m(陸域/沿岸)
波長帯 VIS – NIR: 0.4 – 1.05 µm (可変15バンド、バンド幅可変)
観測対象 海洋の生物物理/生物化学パラメタの監視。雲分布、水蒸気、植生状態、土地被覆。
Michelson Interferometer for Passive Atmospheric Sounding(MIPAS) / 高解像度FTS(Fourier-Transform Spectrometer)
分解能 IFOV 3 × 30 km (高さ × 幅)
(注)観測概念図参照
波長帯 MWIR-TIR:4.15~14.6 µm
観測対象 O3, NO, NO2, HNO3, N2O5, ClONO2, CH4
Advanced SARASAR) / Cバンド合成開口レーダ
  Image mode Wave mode Wide swath
観測幅 100 km(7スワス) 5 km × 5 km 405 km(5スワス)
分解能 28 m × 28 m 28 m × 30 m 150 m × 150 m
周波数 5.331 GHz (C-band)
観測対象 全天候の陸域および海域監視
Radar Altimeter-2(RA-2)/ レーダ高度計
精度 4.5 cm(764 – 824 kmの高度)、
5%または0.25 m(0.5~20mの波高)
周波数 13.575 GHz (Kuバンド) / 3.2 GHz (Sバンド)
観測対象 風速、有義波高、海面高度、氷のプロファイル、陸域と氷の凹凸、氷の境界
Global Ozone Monitoring by Occultation of Stars(GOMOS)/ リムスキャニング短波長スペクトロメータ
  UV/VIS
Spectrometer
IR1
Spectrometer
IR2
Spectrometer
Photometers
PHOT1, PHOT2
波長帯(nm) 248-371/387-693 750-776 915-956 644-705 , 466-528
スペクトル分解能 0.89 nm 0.12 nm 広帯域  
高度範囲 20 – 100 km
高さ分解能 1.7 km
観測対象 成層圏の温度、オゾン、NO2、H2O、エアロゾルおよび大気微量成分
Microwave Radiometer(MWR)/ 非走査型マイクロ波放射計
観測幅 20 km
解像度 20 km
周波数 23.8 GHz / 36.5 GHz
観測対象 水文、海洋、土地利用、気象パラメタのマルチスペクトル分析。全球画像と海面温度分布。海色分布。
その他 ERS-1, 2, Envisat共通
Advanced Along Track Scanning Radiometer(AATSR)/ 可視赤外マルチスペクトル放射計
観測幅 500 km
解像度 1 km × 1 km
精度 0.3K(海面温度)
波長帯 VIS – NIR: 0.555 µm, 0.659 µm, 0.865 µm
SWIR: 1.6 µm
MWIR: 3.7 µm
TIR: 10.85 µm, 12 µm
観測対象 海面温度、地表面温度、雲頂温度、雲分布、エアロゾル、植生、大気中の水蒸気と液状水分量
Scanning Imaging Absorption Spectrometer for Atmospheric Cartography(SCIAMACHY)/ 高解像度直下スキャニング短波長スペクトロメータ
観測幅 リムと直下の1000km(最大)
解像度 3 × 132 km(リム垂直), 32 × 215 km(直下水平)
波長帯 UV – SWIR:
240 – 314 nm
309 – 405 nm
394 – 620 nm
604 – 805 nm
785 – 1050 nm
1000 – 1750 nm
1940 – 2040 nm
2265 – 2380 nm
観測対象 中間大気の温度。対流圏と成層圏のO2, O3, O4, CO, N2O, NO2, CO2, CH4, H2Oプロファイルならびにエアロゾルと雲高。

観測概念図(MIAPS:eoPortal Directoryより引用)

観測概念図(MIAPS:eoPortal Directoryより引用)

衛星主要諸元

打上げロケット Ariane-5
重量 8140 kg(319 kgヒドラジン含む)
電力 1.9 kW (平均)、4.1 kW(最大)
寸法 26 m × 10 m × 5 m(太陽電池パネル展開時)
設計寿命 5 年
EnviSat

衛星外観図(image credit: ESA)