閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

SPOT 2

国籍フランス 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年1990年

戻る

概要

別名1 スポット
別名2 Satellite Pour l’Observation de la Terre
打ち上げ(状態) 1990-01-22(打ち上げ済み)
運用状態 1991.01.09 NASDA/EOC での受信運用開始
2009.06.30 運用停止
開発機関 CNES
観測項目・目的 フランスのリモートセンシング衛星シリーズの2号機。
軌道 太陽同期凖回帰軌道
高度 822km(赤道上)
周期 101.3分
傾斜角  98.7度
回帰 26日(369 orbits), with off nadir viewing revisit 3.7 days at the equator
1日当りの周回数 14+5/26
降交点通過地方平均太陽時 10:30am±15分
隣接する地上軌跡の間隔 108.4km(赤道上)

搭載機器・機器タイプ

(1) HRV(高分解能可視近赤外放射計)×2台(SPOT 1 に同じ)
観測波長帯 マルチスペクトルモード
      XS1 0.50-0.59μm
      XS2 0.61-0.68μm
      XS3 0.79-0.89μm
      パンクロマティックモード
      P  0.51-0.73μm
地表分解能 20m (XS)・10m (P)
観測幅 60km(2台で117km)(vertical viewing)
ポインティング機能 ±27deg (cross-track)
検知素子 (pixels per line) 3000 (XS)、6000 (P)
データレート 25Mbps×2
(2) DORIS(精密軌道決定装置)
位置決定精度 10cm
(3) POAM(極域オゾン・エアロゾル測定機器)(米国センサ)

観測波長(バンド幅)および吸収大気成分
 Band 1   353.0nm( 5nm)  molecular/aerosol extinction
    2   447.4nm( 3nm)  molecular/aerosol extinction, NO
2
(high)
    3   452.5nm( 2nm)  molecular/aerosol extinction, NO
2
(low)
    4   550.0nm(15nm)  molecular/aerosol extinction, O
3
(high)
    5   600.0nm(15nm)  molecular/aerosol extinction, O
3
(low)
    6   763.4nm( 2nm)  molecular/aerosol extinction, O
2
    7   780.0nm(15nm)  molecular/aerosol extinction
    8   945.0nm(15nm)  molecular/aerosol extinction, H
2
O
    9  1059.0nm(10nm)  molecular/aerosol extinction
   

高度範囲  10-50km
高度分解能 1km
観測地域 64 N-80 N・ 64 S-80 S
姿勢制御 三軸制御(±0.15deg 以内で制御可)
地上軌跡の保持 <±5km
データ記録 データレコーダ×2台
記録時間 60分
通信リンク 2205.93MHz(テレメトリ)
8253MHz(画像テレメトリ)

衛星主要諸元

打上げ機 Ariane 40
質量 1,870kg
寸法 主構造体 2m×2m×4.5m
太陽電池パネル 16.5m
開発会社 主契約者 Matra Marconi Space
副契約者 Alcatel Espace、SEP、Aerospaciale
Tape Recorder Odetics Inc.(米国)
備考 フランスのリモートセンシング衛星シリーズの2号機。
NASDA/EOC での受信運用開始 1991 (平成3) 年1月9日