閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

NISAR

国籍アメリカ合衆国, インド 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2021年

戻る

概要

別名1 NASA ISRO Synthetic Aperture Radar
打ち上げ(状態) 2021(計画)
運用状態 計画
運用機関 NASA/ISRO
観測項目・目的 ・アメリカとインドが共同開発するSバンドおよびLバンドの合成開口レーダ衛星
・NASA/JPL(アメリカ)がLバンドSAR、12mアンテナ、GPS、データレコーダを開発、ISRO(インド)はSバンドSAR、衛星開発と打ち上げ、運用を担当する。
・地形、土壌水分、植生を監視する。
軌道 太陽同期準回帰ドーンダスク軌道
高度 747 km
周期 100分
軌道傾斜角 98度
赤道通過地方
太陽時
06:00 (赤道を北から南へ通過)
回帰 12日
参考 http://database.eohandbook.com/database/missionsummary.aspx?missionID=642
http://nisar.jpl.nasa.gov/
https://nisar.jpl.nasa.gov/files/nisar/2015NISARApplicationWorkshop_FINAL_20161114.pdf

搭載機器・機器タイプ

Dual frequency SAR instrument(L/S-SAR)/ L/Sバンド合成開口レーダ
2015/10現在 L band SAR S band SAR
観測幅 240 km
波長帯 1215~1300 Hz(波長:24cm) 4~2 GHz(波長:12cm)
分解能 3~10 m(観測モードによる)
Quad-polarization機能あり(20m解像度)

地域別の観測モード(image credit : NASA)

観測モード(image credit : NASA)

衛星主要諸元

打上げロケット PSLV
重量 TBD kg
電力 TBD kW (EOL)
寸法 – m × – m × – m
設計寿命 3~5年

NISAR概観(image credit : NASA)