閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

Megha-Tropiques

国籍インド, フランス 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2011年

戻る

概要

別名1 Meteorological LEO Observations in the Intertropical Zone
打ち上げ(状態) 2011-10-12(打ち上げ済み)
運用状態 運用中
運用機関 CNES/ISRO
観測項目・目的 フランスとインドの共同実験ミッションで緯度10度から20度の熱帯収束帯(ITCZ)の水循環とエネルギー交換の研究用データを取得し、他の太陽同期衛星データとともに熱帯気候研究に役立てられる。
軌道 太陽非同期
高度 865 km
周期 102分
軌道傾斜角 20 度
回帰 7日間で97軌道の観測を繰り返す。
緯度23度の範囲を1日最低でも3回観測できる。
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/m/megha-tropiques

搭載機器・機器タイプ

MADRAS (Microwave Analysis and Detection of Rain and Atmosphere Systems) / マイクロ波放射計
観測幅 1700 km
CH. 中心周波数 偏波 NEΔT @ 300K 解像度 観測対象
M1 18.7 GHz H+V 0.7 K < 40 km × 66 km 海上の雨、風
M2 23.8 GHz V 0.7 K < 40 km × 63 km 積算水蒸気
M3 36.5 GHz H+V 0.7 K < 40 km × 63 km 雲水量、海上の雨
M4 89 GHz H+V 1.1 K < 10 km × 16 km 陸海上の雨分布
M5 157 GHz H+V 2.6 K < 6 km × 9 km 氷と雲頂温度
ScaRaB (Scanner for Radiation Budget) / 地球放射収支ラジオメータ
観測幅 3300 km
解像度 60 km × 60 km(直下)1スキャンあたり51ピクセル
波長帯 0.55 – 0.65 μm
0.2 – 4.0 μm
0.2 – 100 μm
10.5 – 12.5 μm
観測対象 全球および地域スケールの大気圏上部の地球放射収支
SAPHIR (Sondeur Atmospherique du Profil d’Humidite Intertropicale par Radiometrie) / 大気の温湿度サウンダ
観測幅 1700 km
観測幅 10 km(直下)
観測対象 高度2~12kmの対流圏を6層、解像度10 kmで水蒸気プロファイルを測定
CH. 中心周波数
(GHz)
バンド幅
(MHz)
NEΔT 偏波
S1 183.31±0.20 200 2.35 K H
S2 183.31±1.10 350 1.45 K
S3 183.31±2.80 500 1.36 K
S4 183.31±4.20 700 1.38 K
S5 183.31±6.80 1200 1.03 K
S6 183.31±11.0 2000 1.10 K

衛星主要諸元

打上げロケット PSLV-C18
重量 960 kg
電力 1325 W(EOL)
設計寿命 5年
衛星概観図 (image credit: ISRO, CNES)

衛星概観図 (image credit: ISRO, CNES)