閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

Landsat-8, 9

国籍アメリカ合衆国 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2013年

戻る

概要

別名1 ランドサット
別名2 Landsat-8 / LDCM (Landsat Data Continuity Mission)
打ち上げ(状態) 2013-02-11(Landsat-8)、2020-12-15(Landsat-9 予定)
運用状態 運用中
運用機関 USGS/NASA
観測項目・目的 地球全体の中分解能マルチスペクトル画像ならびに熱赤外画像の取得と保存
Landsatシリーズによる継続観測
Landsatシリーズデータの無差別無償配布
軌道 太陽同期準回帰軌道
高度 705 km
周期 99分
軌道傾斜角 98.2度
赤道通過地方
太陽時
10:00
回帰 16日
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/l/landsat-8-ldcm
https://landsat.usgs.gov/landsat-9-history

搭載機器・機器タイプ

OLI (Operational Land Imager) / イメージングマルチスペクトル放射計
観測幅 185 Km
バンド 波長帯
(nm)
解像度 観測対象
No. 名称
1 New Deep Blue 433 – 453 30 m エアロゾル/沿岸域
2 Blue 450 – 515 30 m
(TMと同じ)
顔料/散乱/沿岸域
3 Green 525 – 600 顔料/沿岸
4 Red 630 – 680 顔料/沿岸
5 NIR 845 – 885 葉/沿岸
6 SWIR 2 1560 – 1660
7 SWIR 3 2100 – 2300 鉱物/残物/無散乱
8 PAN 500 – 680 15 m 画像先鋭化
9 SWIR 1360 – 1390 30 m シラス・雲検知
TIRS (Thermal Infrared Sensor) / イメージングマルチスペクトル放射計
観測幅 185 km
分解能 100 m
波長帯 Band 10 TIRS 1 (10.6 – 11.19 µm)
Band 11 TIRS 2 (11.5 – 12.51 µm)
観測対象 表面温度

衛星主要諸元

打上げロケット Atlas-V-401
重量 2780 kg
電力 4.3 kW(EOL)
設計寿命 5年
Landsat-8

衛星概観図 (image credit: NASA, OSC)