閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

Kanopus-V N1

国籍ロシア連邦 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2012年

戻る

概要

別名1 Kanopus-V 1 (Kanopus-Vulkan N1, Environmental Satellite)
打ち上げ(状態) 2012-07-22(打ち上げ済み)
運用状態 運用中
運用機関 ROSKOSMOS/ROSHYDROMET
観測項目・目的 自然災害および水理気象現象の監視。地図作成。森林火災、環境公害の検知。地震予知の可能性研究のための異常現象の記録。農業、水および沿岸の監視。土地利用。特定地域の高頻度観測。
軌道 太陽同期
高度 510 km
周期 98分
軌道傾斜角 97.8度
回帰 17日
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/k/kanopus-v-1

搭載機器・機器タイプ

PSS (Panchromatic Imaging System) / 高分解能光学イメージャ
観測幅 23.3 km
分解能 2.1 m
波長帯 0.52 – 0.85 μm
MSS (Multispectral Imaging System) / 高分解能光学イメージャ
観測幅 20.1 km
分解能 10.5 m
波長帯 0.54-0.60
0.63-0.69
0.69-0.72
0.75-0.86 μm
MSU-200 (Multispectral Scanner Unit) / 高分解能光学イメージャ
観測幅 250 km
分解能 25 m
波長帯 0.54-0.60
0.63-0.69
0.69-0.72
0.75-0.86 μm

衛星主要諸元

打上げロケット Soyuz FG/Fregat
重量 450 kg以下
設計寿命 5年
その他 ボディポインティング機能
衛星概観図 (image credit: VNIIEM)

衛星概観図 (image credit: VNIIEM)