閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

GPM Core

国籍日本, アメリカ合衆国 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2014年

戻る

概要

別名1 全球降水観測計画 主衛星
別名2 Global Precipitation Measurement Core Spacecraft
打ち上げ(状態) 2014-02-28(打ち上げ済み)
運用機関 NASA/JAXA
観測項目・目的 ・全球降水観測計画(GPM)は、二周波降水レーダ(DPR)及びマイクロ波放射計(GMI)を搭載した1機の主衛星と、マイクロ波放射計またはマイクロ波サウンダを搭載した複数の副衛星群により、気候変動・水循環変動の解明のため、全球降水の高精度・高頻度観測を行う国際協力ミッションである。
・主衛星は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と米国航空宇宙局(NASA)の共同開発であり、JAXAは情報通信研究機構(NICT)と共同でDPRの開発を行う。
(JAXAプレスリリース H21/8/3より)
軌道 太陽非同期
高度 407 km
周期 95 分
軌道傾斜角 65 度
参考 http://www.eorc.jaxa.jp/GPM/index_j.htm
http://www.satnavi.jaxa.jp/project/gpm/index.html
https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/g/gpm

搭載機器・機器タイプ

DPR:Dual-frequency Precipitation Radar/ 二周波降水レーダ
観測項目 緯度65度までの雨または雪の降水強度
周波数 KuPR KaPR
Kuバンド(13.6GHz) Kaバンド(35.55GHz)
先頭送信電力 > 1000 W > 140 W
観測幅 245 km 125 km
水平分解能 5 km
レンジ分解能 250 m 250 m / 500 m
観測高度範囲 地表 ~ 19 km
観測降雨強度 0.5 mm/h ~ 0.2 mm/h ~
GMI:GPM Microwave Imager/ マイクロ波放射
観測項目 海上・陸上の降雨強度
周波数 10.65 GHz、18.7 GHz、23.8 GHz、36.5 GHz、
89.0 GHz、165.5 GHz、183.31±3 GHz、183.31±8 GHz
観測幅 885 km
水平分解能 36 km(10.65GHz)
温度分解能 0.65 ~ 1.5 K

衛星主要諸元

打上げロケット H2A
重量 3850 kg
電力 1.95 kW (EOL)
寸法 13 m × 6.5 m × 5 m
設計寿命 3~5年
衛星概観図 (image credit: NASA)

衛星概観図 (image credit: NASA)