閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

GCOM-C

国籍日本 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2016年

戻る

概要

別名1 Global Change Observation Mission- Cimate 1
打ち上げ(状態) 2016-12 (打ち上げ予定)
運用状態 計画
運用機関 JAXA
観測項目・目的 ・ADEOSシリーズに搭載された光学センサOCTSやGLIで観測してきた、地球の気候形成に影響を及ぼす様々な物理量の観測を継承する。
・雲・エアロゾル特性、反射率、積雪面特性、緒表面温度、陸域植物生産、海域植物生産、土地被覆、沿岸環境変化などを観測する。
軌道 太陽同期準回帰軌道
高度 798 km
周期 98分
軌道傾斜角 98.6度
赤道通過地方太陽時 10:30±15 min
参考 http://suzaku.eorc.jaxa.jp/GCOM_C/w_gcomc/whats_c_j.html
https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/g/gcom

搭載機器・機器タイプ

SGLI (Second-generation Global Imager) / 可視赤外イメージャ
SGLI-VNI:
チャネル 中心波長(nm) バンド幅(nm) 解像度(m) 観測幅(km)
VNIR1 380 10 250 1150
VNIR2 412 10
VNIR3 443 10
VNIR4 490 10
VNIR5 530 20
VNIR6 565 20
VNIR7 673.5 10
VNIR8 673.5 20
VNIR9 763 8 1000
VNIR10 868.5 20 250
VNIR11 868.5 20
偏光チャネル
P1 673.5 20 1000 1150
P2 868.5 20
SGLI-IRS
チャネル 中心波長(µm) バンド幅(µm) 解像度(m) 観測幅(km)
SWIR1 1.05 0.02 1000 1400
SWIR2 1.38 0.02
SWIR3 1.63 0.2 250
SWIR4 2.21 0.05 1000
TIR1 10.8 0.74 500
TIR2 12.0 0.74

衛星主要諸元

打上げロケット H-ⅡA
重量 2020 kg
電力 4250 W (EOL)
寸法 4.6 m × 16.3 m × 2.8 m
設計寿命 5年
衛星概観図 (image credit: JAXA)

衛星概観図 (image credit: JAXA)