閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

EROS-B / C

国籍イスラエル 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2006年

戻る

概要

別名 Earth Remote Observation System-B / C
打ち上げ 2006-04-25(EROS-B)、2019(EROS-C、計画)
運用状態 運用中(EROS-B)
運用機関 ImageSat International
観測項目・目的 高分解能の陸域観測用商用衛星。パンクロマチックカメラを搭載し衛星を±45度傾けることにより斜め観測が可能。
軌道 太陽同期
高度 500 km
周期 95分
軌道傾斜角 97.4度
赤道通過地方
太陽時
14:00(ディセンディング)
回帰 2日
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/e/eros-b
http://www.imagesatintl.com/eros-sat/

搭載機器一覧

搭載機器 Imaging Camera / 高分解能光学イメージャ
EROS-B(Pan) EROS-C (Pan + Multi Spectral)
観測幅 7 km(直下) 12.5 km(直下)
分解能 0.7 m 0.4 m(Pan), 0.8 m(MS)
波長帯 500 – 900 nm 450 – 900 nm(RGB+NIR)

衛星主要諸元

打上げロケット Start-1 (EROS-B)
重量 350 kg(60kg搭載燃料込)
寸法 2.3 m(H) × 4.0 m(W) (太陽電池パネル展開時)
設計寿命 6年(搭載燃料は10年分相当)
その他 EROS-A同様、±45度のボディ・ポインティング可能
EROS-B

衛星外観図 (image credit: ImageSat International)