閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

EO-1

国籍アメリカ合衆国 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2000年

戻る

概要

別名1 Earth Observing-1
打ち上げ 2000-11-21
運用終了 2017-03-30
運用機関 GSFC
観測項目・目的 NASAの新世紀地球観測プログラムの一環でLandsat-7フォローアップの技術実証ミッションとして、ランドサット類似の観測と新しいリモートセンシング技術探求を目的とした。
「より早く、より良く、より安く」のパラダイムがこのミッション全般に適用されている。
軌道 太陽同期円軌道
高度 705 km
周期 99分
軌道傾斜角 98.7度
赤道通過地方
太陽時
10:15 AM
回帰 16日
搭載機器1 ALI (Advanced Land Imager, 高分解能光学イメージャ)
観測幅 37 km
分解能 10 – 30 m
波長帯 0.480 – 0.690 µm (PAN) 0.433 – 0.453, 0.450 – 0.515, 0.525 – 0.605, 0.630 – 0.690, 0.775 – 0.805, 0.845 – 0.890 µm (VNIR), 1.200 – 1.300, 1.550 – 1.750, 2.080 – 2.350 µm (SWIR)
搭載機器2 Hyperion (ハイパースペクトルイメージャ)
観測幅 7.5 Km
分解能 30 m
波長帯 400 – 2500 nm(220チャネル)
400 – 1000 nm (VNIR); 900 – 2500 nm (SWIR)
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/e/eo-1

搭載機器・機器タイプ

ALI (Advanced Land Imager)/ 高分解能光学イメージャ
ALI (EO-1) ETM+ (Landsat-7)
観測幅:37 km 観測幅:185 km
バンド# 波長帯(µm) 解像度(m) バンド# 波長帯(µm) 解像度(m)
PAN 0.480 – 0.690 VNIR 10 PAN 0.50 – 0.90 VNIR 13 × 15
MS-1′ 0.433 – 0.453 VNIR 30      
MS-1 0.450 – 0.515 VNIR 30 MS-1 0.450 – 0.515 VNIR 30
MS-2 0.525 – 0.605 VNIR 30 MS-2 0.525 – 0.605 VNIR 30
MS-3 0.630 – 0.690 VNIR 30 MS-3 0.630 – 0.690 VNIR 30
MS-4 0.775 – 0.805 VNIR 30 MS-4 0.760 – 0.890 VNIR 30
MS-4′ 0.845 – 0.890 VNIR 30      
MS-5′ 1.200 – 1.300 SWIR 30      
MS-5 1.550 – 1.750 SWIR 30 MS-5 1.550 – 1.750 SWIR 30
MS-7 2.080 – 2.350 SWIR 30 MS-7 2.080 – 2.350 SWIR 30
      MS-6 10.40 – 12.50 TIR 60

衛星主要諸元

打上げロケット Delta 7320-10
重量 588 kg
電力 350 W(平均)
寸法 1.4 m × 1.4 m × 2 m
設計寿命 1年
EO-1

衛星概観図(image credit: NASA/GSFC , MIT/LL)