閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

CFOSAT

国籍フランス, 中華人民共和国 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2018年

戻る

概要

別名1 Chinese-French Oceanography Satellite
打ち上げ(状態) 2018(計画)
運用状態 計画
運用機関 CNES/CNSA
観測項目・目的

・2014/3/26、CNESとCNSAの覚書に基づき開発される海洋観測衛星で、全球規模の海面の風と波を計測する。

・CNESがSWIM(波散乱計)、CNSAがSCAT(風散乱計)を開発して、中国が打上げる。

・海上の波と風の予測、海洋ダイナミクスモデルと予測、気候変動および風と波に関する表面プロセスに関する知見を向上する。

・データ受信後3時間以内に風と波のプロダクツを提供する。

・2006~2009年にフェーズA/Bが終了。2011年からフェーズCを開始、続いてフェーズDに移行する予定。

軌道 太陽同期準回帰軌道
高度 519km
軌道傾斜角 97度
降交点通過地方太陽時 7:00
回帰 13日
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/c-missions/cfosat

搭載機器・機器タイプ

SCAT (Scatterometer)/ RFSCAT (Rotating Fan-beam Scatterometer)
観測幅 > 1,000km
分解能 < 50km
波長帯 13.256 GHz (Ku-band)
バンド幅 0.5 MHz
偏波 HH, VV
風速精度 2 m/s または 10% (4~24 m/s 風速の範囲内で、いずれか大きい値)
風方位精度 ±20º
位置精度 < 5 km、OSVW (Ocean Surface Vector Wind)セル

SCATの観測ジオメトリ(image credit: MiRS/CSSAR/CAS)

SWIM (Surface Waves Investigation and Monitoring instrument)/レーダー高度計
観測幅 180 km (緯度±80ºの範囲を観測)
分解能 20 m
波長帯 13,575 GHz(Ku-band)

SWIMの観測ジオメトリ(image credit: TAS, CNES)

地上のスワスジオメトリ(image credit: TAS, CNES)

衛星主要諸元

打上げロケット Long March 2C
バス CAST-2000シリーズ(DFH Satellite Corp.)
重量 ~700 kg
電力 1.5 kW (BOL), 1.3 kW (EOL)
設計寿命 3年

衛星概観図(image credit: CNES)