閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

CALIPSO

国籍アメリカ合衆国, フランス 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2006年

戻る

概要

別名1 Cloud-Aerosol Lidar and Infrared Pathfinder Satellite Observations
打ち上げ(状態) 2006-04-08(打ち上げ済み)
運用状態 運用中(2015年末まで運用継続決定)
運用機関 NASA/CNES
観測項目・目的 NASAのESSP (Earth System Science Pathfinder) プログラムでCNESとの協力プロジェクト。ミッションの科学的ゴールは雲とエアロゾルの鉛直分布さらには地球の温暖化または寒冷化に与える影響を明らかにすること。
ミッションはNASA/LaRCの管理下で、CNESは衛星と赤外イメージングセンサを供給し、NASA/LaRCは主要機器と打ち上げサービスを提供。衛星運用はCNES、搭載機器の運用はLaRCが担当。
軌道 太陽同期軌道(A-trainの1つ)
高度 705 km
周期 98.8分
軌道傾斜角 98.05度
赤道通過地方
太陽時
13:30(赤道を南から北へ通過)
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/c-missions/calipso

搭載機器・機器タイプ

CALIOP (Cloud-Aerosol LIdar with Orthogonal Polarization)/ 大気ライダー
観測幅 直下をサンプリング
分解能 333 m(水平)/30 m(垂直
波長帯 532 nm および 1064 nm
IIR (Imaging Infrared Radiometer)/ イメージングマルチスペクトル放射計
観測幅 64 km
分解能 1 km
波長帯 8.7 µm(バンド幅: 0.9 µm)
10.5 µm(バンド幅: 0.6 µm)
12.05 µm(バンド幅: 1.0 µm)
WFC (Wide-Field Camera)/ イメージングマルチスペクトル放射計
観測幅 61 km
分解能 125 m × 125 m
波長帯 620-670 nm

衛星主要諸元

重量 635 kg
電力 560 W (平均)
寸法 2.46 m (高さ) × 1.51 m × 1.91 m
設計寿命 3年

衛星概観図 (image credit: CNES)