地球が知りたい、地球を見せたい、私たちの研究は続きます

リモートセンシングの利用分野は非常に広く、それらの分野で観測データを利用するためには、対象物の観測に関する基礎的な研究から、他の情報との組み合わせを含む利用ニーズに即した応用研究まで、広範な研究活動が必要です。また、衛星が観測したデータの保存処理等の技術や、データ利用のためのアプリケーション技術及びシステムの開発も必要です。

RESTECでは、観測対象物の反射特性などの基礎的研究から、森林、水資源、大気・海洋などの環境監視及び管理、食料安全保障、防災、国土基盤情報整備などの分野における利用研究を継続して行うと共に、観測データのラジオメトリック補正、幾何補正などの補正技術の開発、衛星データの受信処理保存等の地上システム、データ利用に係るOGC(Open GIS Consortium)、ISO(International Organization for Standardization)等の最新技術の動向を取り入れたデータ利用システムなどのソフトウェアを開発しています。さらに、リモートセンシングに係る機器の開発も行っています。

今後もこれらの研究開発を継続すると共に、蓄積した経験を生かしてリモートセンシングの発展に貢献します。

  • 衛星データから推定した 浸水深マップ
    衛星データから推定した 浸水深マップ
    日本各地で増加している局所的な豪雨が引き起こす河川の決壊による浸水被害に役立てる
  • 気象衛星ひまわりを利用した 高品質プロダクト研究
    気象衛星ひまわりを利用した 高品質プロダクト研究
    農業や水資源、大規模災害、積雪、降水量、海面水温、赤潮等の多分野における利活用のために
  • 衛星やドローンを活用した スマート農業
    衛星やドローンを活用した スマート農業
    スマート農業のための衛星やドローンによるリモートセンシング技術の研究開発
  • インフラストラクチャー
    インフラストラクチャー
    社会インフラの危険箇所を早期発見 安心・安全で強靱な社会に貢献
  • 農業
    農業
    衛星データ利用で農業を活性化し食糧問題解決へ
  • 海洋
    海洋
    広大な海をグローバルに、身近な海をローカルにとらえる
  • 災害・防災
    災害・防災
    水の動き、広がり・量を把握し水害の被害を最小限に
  • 森林
    森林
    日本で一番、宇宙から世界中の森林を見ているプロフェッショナル集団