閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

OCEANSAT-2

国籍インド 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2009年

戻る

概要

打ち上げ(状態) 2009-09-23(打ち上げ)
運用状態 運用中(2016/02現在)
運用機関 ISRO
観測項目・目的 ・光学センサと散乱計を搭載して、海面風と海面の状態、クロロフィル濃度、植物性プランクトン、エアロゾルおよび汚濁水を観測。
・OSCATは2014年2月に停止。OCM-2は2016/2/11現在運用中。
軌道 太陽同期準回帰軌道
高度 720 km
周期 99.31分
軌道傾斜角 98.28度
赤道通過地方
太陽時
12:00(赤道を南から北に通過)
回帰 2日(同一地点の観測間隔)
搭載機器1 OCM-2 (Ocean Color Monitor-2)
観測幅 1420 km
分解能 LAC: 360 m x 236 m (アロングトラック x クロストラック)
GAC: 1 km
波長帯 404-424 nm
431-451 nm
476-496 nm
500-520 nm
546-566 nm
610-630 nm
725-755 nm
845-885 nm
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/o/oceansat-2
http://www.isro.gov.in/Spacecraft/oceansat-2

搭載機器・機器タイプ

OSCAT (OceanSat-2 Scanning Scatterometer) / ペンシルビーム風散乱計
  インナービーム アウタービーム
ポラリゼーション HH VV
観測幅 1400 km 1840 km
スキャン半径 1840 km 920 km
解像度 50 km × 50 km
周波数 13.515 GHz(Kuバンド)

OSCATの観測概念 (image credit: ISRO)

OSCATの観測概念 (image credit: ISRO)

衛星主要諸元

打上げロケット PSLV launcher (PSLV-C14)
重量 970 kg
電力 1360 W(EOL)
設計寿命 5年
OCEANSAT-2

衛星概観図 (image credit: ISRO)