閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

INSAT-3

国籍インド 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2003年

戻る

概要

別名1 インサット
別名2 INSAT-3 (Indian National Satellite-3) Series
打ち上げ(状態) 2003-04-09 (3A)、2013-07-25 (3D)、2016-09-08 (3DR)
運用状態 運用中(3Dおよび3DR)
運用機関 ISRO
観測項目・目的 ・INSAT-3シリーズは多目的静止衛星。
・気象観測機器を搭載したINSAT-3シリーズはINSAT-3A, INSAT-3D, INSAT-3DR
軌道 静止軌道(3Aは東経93.5度、3Dは東経82度、3DRは東経74度)
高度 35,786 km
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/i/insat-3
https://eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/i/insat-3d
https://eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/i/insat-3dr

搭載機器・機器タイプ

VHRR/2 (Very High Resolution Radiometer) / イメージングマルチスペクトル放射計
観測幅 南北20度・東西20度(フルフレーム、33分間で観測可)
南北14度・東西20度(ノーマルフレーム、23分間で観測可)
南北4.5度・東西20度(セクターフレーム、23分に3回観測可)
分解能 2 km × 2 km(VIS)
8 km × 8 km(TIR/MWIR)
波長帯 0.55 – 0.75 µm(VIS)
10.5 – 12.5 µm(TIR)
5.7 – 7.1 µm(MWIR)
その他 INSAT-3Aに搭載
CCD Camera / イメージングマルチスペクトル放射計
観測幅 6250 km × 300 km
分解能 1 km × 1 km
波長帯 0.62 – 0.68 µm(VIS)
0.77 – 0.86 µm(VNIR)
1.55 – 1.69 µm(SWIR)
その他 INSAT-3Aに搭載
Imager / イメージングマルチスペクトル放射計
観測幅 南北20度・東西20度(フルスキャン)
南北14度・東西20度(ノーマルスキャン、25分間で観測)
任意セクターを高頻度観測モードあり
分解能 1 km(VIS, SWIR)
4 km(MWIR, TIR-1, TIR-2)
8 km(WV)
波長帯 0.55 – 0.75 µm VIS (Visible)
1.55 – 1.70 µm SWIR (Short Wave Infrared)
3.80 – 4.00 µm MWIR (Mid Wave Infrared)
6.50 – 7.10 µm WV (Water Vapor)
10.3 – 11.3 µm TIR-1 (Thermal Infrared)
11.5 – 12.5 µm TIR-2 (Thermal Infrared)
その他 INSAT-3D, 3DRに搭載
Sounder / 可視赤外サウンダ
観測幅 東西10 km, 南北 40 km, 3時間間隔
分解能 10 km × 10 km
波長帯 3.74 – 14.7 µm(IR、18バンド)
0.67 – 0.72 µm(VIS、1バンド)
その他 INSAT-3D, 3DRに搭載

衛星主要諸元

打上げロケット Ariane 5G
重量 2,950 kg (3A)、2,060 kg (3D)、2,211 kg (3DR)
電力 3,100 W (3A)、1,164 W (3D/3DR)
寸法 2.0 m × 1.77 m × 2.8 m (3A)
2.4 m × 1.6 m × 1.5 m (3D/3DR)
設計寿命 12年 (3A)、7.7年(3D)、10年(3DR)

INSAT-3A

NSAT-3D/3DR
衛星概観図 (image credit: ISRO)