閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

ALOS-2

国籍日本 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2014年

戻る

概要

別名1 だいち2号
別名2 陸域観測技術衛星2号
別名3 Advanced Land Observing Satellite 2
打ち上げ 2014-05-24(打ち上げ済み)
運用機関 JAXA
観測項目・目的
  1. 陸域観測技術衛星「だいち」で実証された技術や利用成果を発展させ、国内外の大規模 自然災害に対して、高分解能かつ広域の観測データを迅速に取得・処理・ 配信するシステムを構築し、関係機関の防災活動、災害対応において利用実証を 行うこと。
  2. 災害状況の把握に加え、国土管理や資源管理など衛星の運用の過半を占める平常時のニーズにも対応した多様な分野における衛星データの利用拡大を図ること。
軌道 太陽同期準回帰軌道
高度 628km
周期 97分
軌道傾斜角 97.9度
赤道通過地方
太陽時
12:00±15min
回帰 14日
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/a/alos-2
http://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/conf/workshop/alos2_ws2/2-1-2_kankaku.pdf
http://www.satnavi.jaxa.jp/project/alos2/index.html

搭載機器・機器タイプ

PALSAR-2 (Phased Array L-band Synthetic Aperture Radar-2) / Lバンド合成開口レーダ
観測モード スポットライト ストリップマップ ScanSAR
高分解能
[3m]
高分解能
[6m]
高分解能
[10m]
広域観測
周波数 1257.5 MHz 1257.5 MHz or 1236.5 / 1278.5 MHz,
selectable
入射角 8° ~ 70°
帯域幅 84MHz 84MHz 42MHz 28MHz 14MHz
空間分解能 レンジ×アジマス
3 × 1m
3m 6m 10m 100m
観測幅 レンジ×アジマス
25 × 25km
50km 50km
(FP: 30km)
70km
(FP:30 km)
350km
5ルック
観測可能偏波 SP SP/DP SP/DP/FP/CP SP/DP/FP/CP SP/DP
SP: 単偏波(HH or VV or HV)、DP: 2偏波(HH+HV or VV+VH 切替)
FP: フルポラリ(HH+HV+VH+VV)、CP: コンパクトポラリ(試験モード)
CIRC (Compact Infrared Camera) / 赤外カメラ
観測項目 火災検知
観測幅 128 km × 96 km
分解能 200 m
波長帯 8-12 µm
ダイナミックレンジ 180 K – 400 K
NEDT 0.2 K@300 K

衛星主要諸元

打ち上げロケット H-ⅡA
重量 ≤ 2000 kg
電力 > 5.2 kW (EOL)
寸法 9.9 m (x) × 16.5 m (y) × 3.4 m (z)
設計寿命 5~7年
ALOS-2

衛星概観図(image credit : JAXA