閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

研修

Google Earth Engine を用いたリモートセンシング講座

Google Earth Engine を用いたリモートセンシング講座
~ビッグデータ時代における地球観測衛星データ利用~

現在、地球観測衛星は多種多様化し、日々膨大なデータが蓄積されています。今は、このような膨大な量の地球観測衛星データをいかに有効利用するかが問われています。

RESTECでは、このテーマに対応した「Google Earth Engine を用いたリモートセンシング講座~ビッグデータ時代における地球観測衛星データ利用~」を新しく講座を開設いたしました。

本講座では、ペタバイト規模の地理空間分析プラットフォームであるGoogle Earth Engine を用いて、リモートセンシングの基礎知識とともに、大容量衛星データを利用するための基礎的な実習を行います。

このような方にぴったりの講座です。

  • グローバルな地球環境問題、長期環境変動などの解決手段としての地球観測衛星データの利用に興味がある。
  • 地球観測衛星データを扱うに当たって必要なリモートセンシングの基礎を学びたい。
  • ビッグデータ時代における地球観測衛星データの効果的な利用方法を知りたい。

講座の詳しい情報やお申し込み方法は以下をご覧下さい。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

講義内容
1.リモートセンシングの基礎
  • リモートセンシングの仕組み
  • 多様な地球観測衛星データの種類とその特徴
  • リモートセンシング利用事例

2.地球観測衛星データ利用の新時代
  • ビッグデータ時代における地球観測衛星データ利用の特徴
  • クラウドコンピューティングについて
  • Google Earth Engine のご紹介
  • Google Earth Engine の基礎実習

  ・地球観測衛星データの検索と表示
  ・基礎的な地理空間分析の実施
  ・その他、プログラミングの工夫など

3.質疑、意見交換
  • 講義の中でご不明だった点にお答えいたします。また、皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。

日程
  • 研修は2回とも同じ内容となっております。ご都合のよろしい日をお選びください。
開催日時 応募〆切
第1回 2017年12月21日(木) 10:00~16:00 2017年12月7日(木)
第2回 2018年2月14日(水)10:00~16:00 2018年1月31日(水)
会場
一般財団法人リモート・センシング技術センター
所在地 東京都港区虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT 虎ノ門ビル2階
交通 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅下車 3番出口より霞ヶ関、虎ノ門方面 徒歩1分

大きな地図で見る

定員
  • 各回20名

受講料
  • 3万円(税抜)(参加のための交通費、宿泊費等は各自でご負担ください)

応募方法

お申込みはこちらから

注意事項
  • 受講を希望される方は、事前に以下を確認の上申し込みください。
  •    Google Earth Engine Terms of Service

  • 実習ではJavaScriptを用いた簡単なプログラムを皆様に行っていただきます。深いプログラミングの知識は必要ありませんが、PC操作、WEBブラウザの基本操作経験は必要です。
  • 講義、質疑などすべて日本語を使用した講座となります。
  • 応募が定員を超えた場合は、受講いただけない場合がございます、予めご了承ください。
  • 受講確定後、受講される方には、事前にGoogle Earth Engine へのサインアップをお願いします。
  • 研修に使用するPCはRESTECにて準備いたしますので準備は不要です。
  • 講義・実習内容は予告無く変更となる場合があります。
  • 研修終了後、簡単なアンケートへの協力をお願いします。

お問い合わせ先

一般財団法人リモート・センシング技術センター
ソリューション事業部 研修課
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT 虎ノ門ビル3階
TEL:03-6435-6779 FAX:03-5777-1580 E-mail:training@restec.or.jp