閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

ソリューション

THEOS 製品・価格

衛星及び搭載センサについて

THEOSThailand Earth Observation System)とは、タイ地理情報宇宙開発機構(GISTDA)が、2008年10月1日に打上げたタイ国初の地球観測衛星です。
THEOSは、広域且つ定期的な観測手段として、地図作成、災害観測、環境監視さらには農林業分野での活用に期待されています。

THEOSの搭載センサ

Panchromatic Multispectral
観測波長帯(μm) 0.45 – 0.90 B1 (Blue) 0.45 – 0.52
B2 (Green) 0.53 – 0.60
B3 (Red) 0.62 – 0.69
B4 (NIR) 0.77 – 0.90
地表分解能 2 m 15 m
観測幅 22 km 90 km
ダイナミックレンジ 8ビット 8ビット

日本における配布及び価格について

日本における配布について

RESTECは、2010年6月15日にGISTDAと覚書を締結し、日本、韓国及び台湾のユーザに対し、THEOSデータを配布する権利を取得しました。RESTECは、日本における唯一のTHEOSデータ配布権者です。

販売価格

シングルユーザライセンス(単位:円、税抜、1シーン価格)
Panchromatic
22km x 22km
Multispectral
90km x 90km
Pan-sharpening
22km x 22km
Bundle
PAN + MS
アーカイブ 70,000 70,000 80,000 100,000
新規観測
スタンダード 90,000 90,000 110,000 130,000
プライオリティ 170,000 170,000 250,000
アージェント 210,000 210,000 310,000

上記価格は将来、改定されることがあります。

マルチユーザライセンス(1シーン価格)
2 – 3 ユーザ シングルライセンス価格に +30%
4 – 10 ユーザ シングルライセンス価格に +40%
11 – ユーザ 個別協議による
位置補正およびオルソ補正サービスについて【RESTECならではのサービスです!】

当財団では、高精度の「だいちマップ」を用いることにより、THEOSデータの位置精度を向上させる処理サービスを実施しております。下記価格にて承りますので、お気軽にご相談ください。

対象地域 日本および東アジア地域
位置精度補正 データ代+10,000円(税抜)
位置精度補正 + オルソ補正 データ代+20,000円(税抜)

検索

データの検索は、下記サイトで可能となっております。

THEOS専用検索サイト

注文書

ご注文は、以下のTHEOS注文書にご記入の上、RESTECカスタマーサービスまでお送りください。 注文シートはこちらからダウンロードいただけます。 記入例については、こちらをご参照ください。

処理レベル

Level 1A

ラジオメトリック補正

Level 2A

概略DEM補正(GCP未使用)

※データを処理・加工されるお客様には、Level 1Aのご利用をお勧めします。

提供フォーマット

THEOS画像の提供フォーマットは、「DIMAP」(画像:GeoTIFF、メタ情報:XML)となります。

サンプルデータ

パンクロマティック及びマルチスペクトルセンサのサンプルデータ(Level 1A、2A)をお試しいただけます。 ダウンロードはこちらから。
※本データは、サンプルデータとしてのご利用となります。複製、譲渡、転売並びに公表等はご遠慮下さい。(第3者配布の禁止)

THEOSの主要緒元
打ち上げ日時 2008年10月1日 10:33
衛星軌道 太陽同期 円軌道(赤道通過時刻 午前10時)
高度 赤道上空 822 km
軌道傾斜角 98.7 度
回帰日数 26日(再撮影頻度 2日)
周期 101分
データ蓄積 51 GBytes
データ伝送 120 Mbits (X-band)
姿勢制御 3軸安定方式
ポインティング機能 ±30度(最大±50度) 衛星全体のローリング
衛星質量 約 750 kg
発生電力 800 w
設計寿命 5年
お問い合わせ

サポート窓口 TEL:03-6435-6789

フォームからのお問い合わせ