閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

Sentinel-5

国籍EU 欧州連合 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2021年

戻る

概要

別名1 Copernicus: Sentinel-5 (Atmospheric Monitoring Mission) in LEO
打ち上げ(状態) 2021 (打ち上げ予定)
観測項目・目的 ・Copernicusは旧称GMES (Global Monitoring for Environment and Security)
・対流圏の大気化学と気候アプリケーションのため、大気混合および大気質を監視する
・オゾン、二酸化窒素、二酸化硫黄、一酸化炭素、メタン、ホルムアルデヒド、エアロゾル特性を正確に測定する。
・Sentinel-5はUVNSという1センサのみのペイロードという形態をとる。MetOp-SGに搭載される8種の観測機器の1つとなる。
軌道 太陽同期軌道
高度 817 km
周期 101分
軌道傾斜角 98.5度
赤道通過地方太陽時 9:30
回帰 29日
参考 https://eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/content/-/article/copernicus:-sentinel-5#launch

搭載機器・機器タイプ

Sentinel-5 UVNS (Ultra-Violet /Visible/Near Infrared/SWIR) Spectrometer/  UV-VIS-NIR-SWIRイメージングスペクトロメータ
観測幅 2670 km
スペクトルバンド 波長帯(nm) 解像度(km)
Ultraviolet 1 270-300 50 x 50
UV2VIS (Ultraviolet 2 Visible) 300 – 500
750 – 773
7.5 x 7.5
Near Infrared 685 – 710 7.5 x 7.5
SWIR 1 (Short Wave Infrared 1) 1590 – 1675 7.5 x 7.5
SWIR 3 (Short Wave Infrared 3) 2305 – 2385 7.5 x 7.5

衛星主要諸元

打上げロケット
重量 4065 kg
電力 3.2 kW (EOL)
設計寿命 7.5年

MetOp-SG A概観図 (image credit: ESA)