閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

衛星総覧

HIMAWARI-8, 9

国籍日本 衛星種別気象・地球観測衛星 打ち上げ年2014年

戻る

概要

別名1 ひまわり8号、9号
別名2 Himawari-8 and -9 Meteorological Missions
打ち上げ(状態) 2014-10-07(8号)、2016-11-02(9号)
運用状態 運用中
運用機関 JMA(気象庁)
観測項目・目的 静止軌道からの実用気象観測
軌道 静止軌道(東経140度)
高度 35,786 km
参考 https://directory.eoportal.org/web/eoportal/satellite-missions/h/himawari-8-9
http://mscweb.kishou.go.jp/technotes/msctechrep58-3.pdf
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/himawari/2014_Himawari89.pdf
http://www.mitsubishielectric.co.jp/society/space/satellite/observation/himawari8-9.html
http://www.mitsubishielectric.co.jp/me/eco_changes/lp/03/

搭載機器・機器タイプ

AHI (Advanced Himawari Imager)/ 可視赤外放射計
観測幅 半球全体を10分間隔で観測
分解能 0.5 km、1.0 km、2.0 km
波長帯 16チャンネル(可視・近赤外:6、赤外:10)
バンド 中心波長 バンド幅 SNR or NEΔT 解像度 観測項目、用途
1 455 nm 50 nm ≤ 300 @ 100 % albedo 1.0 km 日中の陸域のエアロゾル、沿岸水分布
2 510 nm 20 nm ≤ 300 @ 100 % albedo 1.0 km 緑バンド(カラー合成用)
3 645 nm 30 nm ≤ 300 @ 100 % albedo 0.5 km 日中の植生/焼跡、水域のエアロゾル、風
4 860 nm 20 nm ≤ 300 @ 100 % albedo 1.0 km 日中の巻雲
5 1610 nm 20 nm ≤ 300 @ 100 % albedo 2.0 km 日中の雲頂フェーズと粒子サイズ、雪
6 2260 nm 20 nm ≤ 300 @ 100 % albedo 2.0 km 日中の陸/雲識別、粒子サイズ、植生、雪
7 3.85 μm 0.22 μm ≤ 0.16 @ 300 K 2.0 km 夜間の地表面と雲識別、火災、風
8 6.25 μm 0.37 μm ≤ 0.40 @ 240 K 2.0 km 高レベルの水蒸気、風、降雨
9 6.95 μm 0.12 μm ≤ 0.10 @ 300 K 2.0 km 中レベルの水蒸気、風、降雨
10 7.35 μm 0.17 μm ≤ 0.32 @ 240 K 2.0 km 低レベルの水蒸気、風、SO2
11 8.60 μm 0.32 μm ≤ 0.10 @ 300 K 2.0 km 全水分量(水域、雲、煙、SO2、降雨)
12 9.63 μm 0.18 μm ≤ 0.10 @ 300 K 2.0 km オゾン全量、乱気流、風
13 10.45 μm 0.30 μm ≤ 0.10 @ 300 K 2.0 km 地表面と雲の識別
14 11.20 μm 0.20 μm ≤ 0.10 @ 300 K 2.0 km 画像、SST、雲、降雨
15 12.35 μm 0.30 μm ≤ 0.10 @ 300 K 2.0 km 全水分量、灰、SST
16 13.30 μm 0.20 μm ≤ 0.30 @ 300 K 2.0 km 大気温度、雲高および雲量

衛星主要諸元

打上げロケット H-IIA
重量 3,500 kg
電力 約2.6kW(静止軌道初期)
寸法 全長約8m
設計寿命 15年以上
衛星概観図(image credit: MELCO)

衛星概観図(image credit: MELCO)