閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

採用情報

研究開発部 古田 竜一

研究開発部 副主任研究員 古田 竜一

古田 竜一

あらゆる分野の人材と協力して、安心・安全な未来を築いて行きたい

私たちは、災害監視、防災分野での衛星リモートセンシングの実利用化に向けた研究開発に携わっています。日本及び海外の大規模災害を観測した衛星画像の加工や画像からの被害抽出、政府や自治体主導の防災訓練への衛星画像の導入検討などを通じ、実利用化のための課題整理や課題解決を行うのが私の役割です。また、衛星画像からの被害抽出手法や衛星画像を利用した災害危険度評価手法の研究開発を行っています。

このような基礎的な研究を行い、将来の業務に繋げていくのも私たちの重要な役割の一つです。業務及び研究開発では、企業や大学、国の機関と連携することも多く、また、海外機関との連携・協力もあり、あらゆる角度から研究開発内容を精査できることに魅力を感じています。

最終目標は「災害の軽減」。地震や台風などの天災そのものをコントロールすることは不可能ですが、対策を講じることにより被害の軽減を図ることは出来ます。その実現のために、工学、理学、経済学、医学などあらゆる分野の人材と協力して安心・安全な未来を築いて行きたいと考えています。

古田 竜一

Ryoichi Furuta
古田 竜一(ふるた・りょういち)

研究開発部副主任研究員
2006年入社

大学では生産工学システムを専攻。
JAXA特別研究員を経てRESTECに入社。
休日はジムに通うもいまだ効果現れず…