閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

お知らせ

~聖火台はどこ?衛星画像で探してみよう~ 米国の高解像度衛星「WorldView-2」から撮影した画像公開について

2012年7月24日

ロンドン五輪 オリンピック・スタジアム_矢印
拡大する

ロンドン五輪 オリンピック・スタジアムなど周辺画像(矢印は各会場/2012.5.24 撮影)

ロンドン五輪 オリンピック・スタジアム
拡大する

ロンドン五輪 オリンピック・スタジアムなど周辺画像(2012.5.24 撮影)

一般財団法人 リモート・センシング技術センター(RESTEC)では、従来より WorldView-2の画像を提供しておりますが、ロンドン五輪の開幕に先立ち、オリンピック・スタジアムなどメイン会場周辺の衛星画像(画像内、矢印で各会場を示したもの、および周辺画像)を公開いたします。

7月27日の開幕に向け、いよいよ応援にも力の入る時期となりました。RESTECも応援の一環として、画像を公開いたします。ガンバレ、日本!

また、本画像をご利用いただく場合は、お手数ですが、クレジットを記載ねがいます。
画像内にクレジットを記載しておりますが、画像を切り出す場合は、以下のクレジットを画像内等に記載してください。

<クレジット例>

あり: cDigitalGlobe/RESTEC
画像のみ: cDigitalGlobe

※WorldView-2 は、DigitalGlobe社の運用する世界ではじめての8バンド観測を可能とした高解像度衛星です。2009年10月に打ち上げられたこの衛星は、WorldView-1 にて実現した世界最高レベルの解像度(0.5m)や観測能力を保持しつつ、更に、カラー(8バンド)の観測を可能としています。
この高解像度且つ高い波長分解能により、広域の画像取得のみならず、農業・林業・環境等の各利用分野において、これまで困難であった高精度の解析を実現しています。