閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

お知らせ

JAXAが「しずく」の輝度温度プロダクトの提供を開始しました

2013年1月30日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2013年1月25日(金)に、第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)[平成24年5月18日打上げ]の初期校正作業完了に伴い、「しずく」に搭載している高性能マイクロ波放射計2(AMSR2)の輝度温度プロダクトの提供を開始したことをプレスリリースしました。
http://www.jaxa.jp/press/2013/01/20130125_shizuku_j.html

これらの輝度温度プロダクトを元に、地球物理量プロダクト(積算水蒸気量、積算雲水量、降水量、海面水温、海上風速、海氷密接度、積雪深、土壌水分量の8種類)に算定することができます。
RESTECは、これまでも地球観測衛星の初期校正作業やデータ解析などに関ってきており、地球物理量プロダクトの作成などに貢献しております。

JAXAによるデータ提供方法

JAXAの第一期水循環変動観測衛星「しずく」のデータ提供に関するホームページ(https://gcom-w1.jaxa.jp)でユーザ登録を行うことで、輝度温度プロダクトをダウンロードいただけます。