閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

お知らせ

JAXA主催 衛星画像を利用したビジネス向け無料研修について

2013年12月2日

一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)からの受託により、衛星画像を利用したビジネス向け無料研修を実施いたします。
陸域観測技術衛星2号「だいち2号(ALOS-2)」の打上げに向けて、「だいち2号」から得られる衛星画像をより多くの方にビジネスで利用いただくことを目的として、「だいち2号」に搭載されるLバンド合成開口レーダのデータ利用・解析に関する研修です。
研修では、Lバンド合成開口レーダデータの基礎的な解析技術から、国土管理・土木、災害、海洋・船舶監視、農業利用など実践的な解析について実習を行いながら利用・解析技術の修得を行います。
参加費は無料です。人工衛星のデータをビジネスシーンで利用してみたいとお考えの方、より理解を深めたい方など、多くの方々のご参加を、心よりお待ちしております。

【対象】 衛星画像(Lバンド合成開口レーダデータ)に関心のある企業の担当者様 各回20名程度
【内容】 「衛星画像(Lバンド合成開口レーダデータ)の基礎・応用解析
〜JAXA衛星だいち2号(ALOS-2)のデータ利用に向けて利用技術修得講座開催〜」
  1. 基礎講座:衛星画像の初めての利用者向け入門
  2-A.実践講座:【海洋・船舶監視】 衛星画像で分かる船舶監視
  2-B.実践講座:【農業】 衛星画像で農作物の生育状況を把握する
  2-C.実践講座:【森林】 森林監視から土地利用まで
  3. 実践講座:【国土・土木・災害】 衛星画像で社会インフラへの影響を評価する
【参加費】 無料
【開催場所】 東京都、大阪府、福岡県
【応募方法等】 研修スケジュールや応募方法はこちらに必要事項を記入の上、ご応募ください。

※Lバンド合成開口レーダとは、人工衛星に搭載したマイクロ波レーダを使用し、地表の対象物を観測することによって可視光では観測できない、地表の様子を観測できるレーダです。だいち2号(ALOS-2)では、だいち(ALOS)のレーダと比べ新たな観測モードを追加し、より高分解能・広範囲の観測が可能となり高精度かつ迅速に災害の状況把握ができるなど私たちの生活に役立ちます。