閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

お知らせ

第3回宇宙開発利用大賞 環境大臣賞の受賞について

2018年3月20日

 三洋テクノマリン株式会社東北支社技術部 北野慎容とリモート・センシング技術センター(RESTEC)研究開発部 佐川 龍之は、人工衛星を活用した沿岸域生態系保全のための広域な藻場・干潟分布状況の把握への貢献が認められ、この度、内閣府が主催する宇宙開発利用大賞において、環境大臣賞(※)を受賞しましたことをお知らせいたします。
従来、藻場や干潟の分布面積は、従来、主に聞き取りや潜水士による目視観察、音響機器調査などの手法により把握されてきましたが、沿岸域の環境保全にとって重要であるにもかかわらず、① 面的な把握が困難、② 多大な労力が必要、③ 客観性の確保などの問題があり、特に広域調査の事例はきわめて少ない状況でした。
 本受賞では、人工衛星画像のアーカイブの増加やコストの低減などを背景に、藻場や干潟の特性を考慮してリモートセンシング技術の改善を進め、広域な藻場・干潟の分布状況を網羅的かつ客観的に調査することが可能となり、更に、短時間かつ低コストで実現させました。本手法は、従前、化学要素(クロロフィル量など)や物理要素(水温など)に対して主に実施されてきたリモートセンシング技術に、沿岸生態系の保全という領域を創造したものと言えます。

拡大する

図 従来の調査と衛星画像解析との比較

三洋テクノマリン株式会社とRESTECでは、このような栄誉ある賞をいただきましたことに感謝いたしますとともに、今後も、本受賞に恥じぬよう、技術面、サービス面すべてにおきまして、より一層の努力を惜しまぬ所存です。

※ 環境大臣賞の定義:地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及びその他の環境の保全の視点から特に顕著な功績があったと認められる事例

       
<参考>
第3回宇宙開発利用大賞結果
環境省「瀬戸内海における藻場・干潟分布状況調査について」

三洋テクノマリン株式会社
三洋テクノマリンは、海域・陸域の環境調査・分析を始めとする各種調査を行うとともに、環境アセスメントや環境保全計画、海洋構造物の計画・設計などのコンサルティングを行い、社会経済の発展と自然環境との共生を目指す環境総合コンサルタントである。
◆一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC):
RESTECは、人工衛星等を利用して、地球の資源、現象等について探査するリモート・センシングに関する基礎的かつ総合的研究開発を行うとともに、リモート・センシングその他の宇宙開発利用に関する普及啓発を行い、もって社会経済の発展及び国民福祉の向上に寄与することを目的とする一般財団法人である。