閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

Earth Now

スカンジナビア半島のフィヨルド

スカンジナビア半島のフィヨルド

衛星写真(MITI/NASDA)

スカンジナビア半島の中央には、古生層からなる2,000m級のスカンジナビア山脈が横たわっています。

この山脈は、更新世(洪積世)に訪れた氷河によって侵食を受け、西側の山地は、フィヨルドと呼ばれる下流部が沈水して海に覆われた氷食谷になっています。
フィヨルドは、高緯度地域で氷河の侵食が活発に行われた山地に多く見られます。両岸は切り立ったU字谷の谷壁からなり、海面からの窪みが1,000m以上に達していることも少なくありません。

スカンジナビア半島のフィヨルド

このように深い谷が削られたのは、フィヨルドを埋めた谷氷河の厚さが大きかったからで、2,000~3,000mにも達する厚い氷河が海水を押しのけて前進してきたために、海面下深くまで削り取られたと考えられます。
スカンジナビア半島最大のソグネフィヨルドの長さは204kmにも及びます。

場所 スカンジナビア半島
衛星写真 JERS-1/SAR
受信日 1997.3.25
Path-Row 329-198