閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

Earth Now

オーストラリア東岸のグレートバリアリーフ

グレートバリアリーフ_1

衛星写真(MITI/NASDA)

グレートバリアリーフ_2

グレートバリアリーフは、オーストラリア大陸北東岸の沖合に長さ2,000kmに渡って連なる世界最大の珊瑚礁です。

大堡礁と訳されるこの珊瑚礁は、今からおよそ1万5,000年前位から形成を開始しました。 それまで大陸の縁にあった珊瑚礁は、地球の気候が徐々に暖かくなり、海面が上昇するにつれて上へ向かって成長し、大陸との間に礁湖を築きながら、現在のように大陸を保護する防波堤のように海中からそそり立つ姿 となったのです。

オーストラリアの観光地としても有名ですが、海域汚染やオニヒトデによる被害などが問題になっています。

場所 オーストラリア東岸のグレートバリアリーフ
衛星写真 JERS-1/OPS(VNIR)
受信日 1996.8.6
Path-Row 39-320