閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

イベント情報

カンファレンス「衛星リモートセンシングの社会実装に向けて」のご案内    (東京エアロスペースシンポジウム2015併催イベント・事前申込制)

2015年10月5日

RESTECは東京ビックサイトで行われる「東京エアロスペースシンポジウム」の併催イベントとして、10/15(木)に「衛星リモートセンシングの社会実装に向けて」と題したセッションをオーガナイズします。また、併せて、衛星リモートセンシングを用いたソリューションサービス(対象:インフラ、農業、海洋、災害、森林等)の展示同シンポジウムイベント期間を通して行います。(10/14(水)~10/16(金))皆さまのご参加をお待ちしております。

【主旨】
昨今、衛星リモートセンシング技術の実社会への適用、いわゆる「社会実装」の必要性が叫ばれております。既に研究、公的利用では着実に成果を出してはいるものの、衛星通信や測位(GNSS)に比べれば、衛星リモートセンシングの一般社会への浸透はまだまだ発展途上であると言えます。
本セッションでは、衛星リモートセンシング技術の開発側・利用側から多彩な講演者をお招きし、衛星リモートセンシングへの期待と、さらなる社会実装に向けた課題抽出を行うことを目的とします。

【概要】
東京エアロスペースシンポジウム2015併催カンファレンス
2-1衛星リモートセンシングの社会実装に向けて
講演時間 10/15(木) 10:30~12:00 [ 計:90分 ]
場所 東京ビックサイト 西展示棟 西4ホール・シンポジウムステージ(定員300名)

【プログラム】
1.地球観測の将来計画について
宇宙航空研究開発機構  衛星利用運用センター長 内藤 一郎

2.海外における地球観測衛星の商用利用
株式会社サテライト・ビジネス・ネットワーク  代表取締役社長 葛岡 成樹

3.インフラモニタリングからリモートセンシングに期待すること
応用地質株式会社 社会システム事業部 副事業部長 村崎 充弘

4.ジオロケーションとリモートセンシングによるシステムデザイン
慶應義塾大学大学院 
システムデザイン・マネジメント研究科 准教授 神武 直彦

5.リモートセンシングから生まれるソリューションサービス
一般財団法人リモート・センシング技術センター 
ソリューション事業部長 向井田 明

東京エアロスペースシンポジウム2015に関してはこちらをご参照ください。

イベント情報