閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

災害観測

RADARSATによるガラパゴス諸島観測

2001年1月25日 〜 2001年4月26日

平成13年1月16日に起こったオイルタンカー座礁事故による油流出で、海洋汚染が広がるガラパゴス諸島をカナダの地球観測衛星RADARSATが捉えた。
サンクリストバル島沖約800mでオイルタンカー「Jessica号」(エクアドル船籍、835トン)が座礁し、油が流出、同諸島サンタクルス島まで油が漂着するなど、現在も被害が拡大している模様。

部分海域に見える黒い筋が油と推定される。

RADARSAT アセンディング、スタンダードモード2
2001年1月21日 00:13:37(UT)観測
RADARSAT衛星の説明はこちらです。

お問い合わせ

サポート窓口
TEL:03-6435-6789 FAX:03-5777-1585
フォームからのお問い合わせはこちら

災害観測