閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

災害観測

集中豪雨に見舞われた福島、栃木県のRADARSAT画像

1998年8月31日 〜 1999年1月18日

8月26日からの集中豪雨により福島、栃木両県では浸水被害や土砂崩れが発生しております。
本掲載画像は8月29日午前5時42分頃観測されたものです。
カナダの地球観測衛星RADARSAT搭載のSAR(合成開口レ-ダ)は、マイクロ波を照射し地上からの反射波により昼夜天候に左右されず地表面の様々なデ-タを観測する能動型センサです。同衛星は7種類の異なるビ-ムモ-ド(分解能:10m~100m)を持ち、各モ-ド毎に異なる観測域(50Km~500Km)を持っており、今回観測された画像のビ-ムモ-ドは次のとおりです。

・Standard Position 4:分解能30m、観測域100x100Km、入射角36.49度

尚、本デ-タは観測後ネットワ-クを使い6時間後にカナダより送られてきた画像で、容量の関係上1/4程度に間引きされています。
また、現在本掲載画像についての解析作業を進めているところです。

29_map
29_a
拡大する

1シ-ンの全観測地域

29_e
拡大する

那珂川を中心として切り出した画像

29_f
拡大する

烏山付近

拡大する

大田原、黒磯付近

29_n
拡大する

黒磯、白河付近

29_c
拡大する

鬼怒川上流

29_b
拡大する

鬼怒川下流

RADARSAT data cCanadian Space Agency/Agence spatiale canadienne 1998. Received by the Canadian Centre for Remote Sensing. Processed and distributed by RADARSAT International.

お問い合わせ

サポート窓口
TEL:03-6435-6789 FAX:03-5777-1585
フォームからのお問い合わせはこちら

災害観測