閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

災害観測

有珠山情報 2000年4月3日-7日

2000年4月3日 〜 2000年4月7日

有珠山関連情報(4月7日)

2000年4月6日 20:54頃観測 LANDSAT-5 (衛星の説明はこちらです。)
LANDSAT熱赤外バンドの画像です。温度の高い所が白く見えています。
LANDSAT TM

tm_ti_04062000

受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

有珠山関連情報(4月6日)

2000年4月6日 05:49頃観測 RADARSAT (衛星の説明はこちらです。)
2000年4月5日 17:37頃観測 RADARSAT (衛星の説明はこちらです。)

radar04062000
拡大する

RADARSAT Standard2
Apr.6, 2000 5:49頃
RADARSAT R-Data©CSA 2000
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

radar04052000
拡大する

RADARSAT Fine3F
Apr.5, 2000 17:37頃
RADARSAT R-Data©CSA 2000
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

有珠山関連情報(4月5日)

2000年4月5日 10:16頃観測 SPOT-1 (衛星の説明はこちらです。)
曇りのため地表面を見ることは困難です。

spot1_xs_04052000
拡大する

SPOT-1 HRV(XS)
右上緯度42.908 右上経度141.377
左上緯度43.031 左上経度140.411
右下緯度42.383 右下経度141.233
左下緯度42.506 左下経度140.275
©CNES, 2000, SPOTR
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

spot1_pan_04052000
拡大する

SPOT-1 HRV(PAN)
右上緯度42.908 右上経度141.452
左上緯度43.031 左上経度140.494
右下緯度42.383 右下経度141.307
左下緯度42.506 左下経度140.357
©CNES, 2000, SPOTR
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

有珠山関連情報 参考資料(4月4日)

有珠山域のSPOT合成画像

SPOT-2/HRV(XS,PAN) Apr. 3, 2000

この画像は2000年4月3日に、SPOT-2号のHRVにより観測したデータをもとに、分解能10mのパンクロ(白黒)画像に分解能20mのマルチスペクトル画像を合成したものです。噴火に伴う降灰と思われる地域が黒く広がっている様子が分かります。

pansharp2_04042000

©CNES, 2000, SPOTR
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

洞爺湖南西岸側から見た有珠山域の鳥瞰像

SPOT-2/HRV(XS,PAN) Apr. 3, 2000

この画像は上の画像をもとに、国土地理院が作成した数値標高モデル(50mメッシュDEM)を用いて、立体視したものです。

pers4_04042000

©CNES, 2000, SPOTR
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

洞爺湖西岸側から見た有珠山域の鳥瞰像

SPOT-2/HRV(XS) Apr. 3, 2000

この画像は2000年4月3日に、SPOT-2号のHRV(XS)により観測した画像をもとに、国土地理院が作成した数値標高モデル(50mメッシュDEM)を用いて、立体視したものです。

s2_xs_04032000_3d

©CNES, 2000, SPOTR
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

2000年4月3日 記者発表文

平成12年4月3日
宇宙開発事業団
(財)リモート・センシング技術センター

お知らせ

人工衛星による有珠山観測の状況について

これらの画像は本日(4/3)午前10:24頃に仏国の地球観測衛星SPOT-2(スポット2号)が観測したデータを宇宙開発事業団地球観測データ解析研究センター(EORC、東京都港区六本木)で画像処理したものです。

画像-1は、分解能20mのマルチスペクトル画像です。
画像-2は、分解能10mのパンクロ(白黒)画像です。

いずれの画像も、噴火に伴う降灰と思われる地域が黒く帯状に何本かに広がっている様子が分かります。

お問い合わせ

サポート窓口
TEL:03-6435-6789 FAX:03-5777-1585
フォームからのお問い合わせはこちら

2000年4月3日

本日のSPOT-2による観測は、いずれの画像も、噴火に伴う降灰と思われる地域が黒く帯状に何本かに広がっている様子が分かります。

spot2_xs_04032000
拡大する

10:24頃観測 SPOT-2 HRV(XS)
©CNES, 2000, SPOTR
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

spot2_pan_04032000
拡大する

10:24頃観測 SPOT-2 HRV(PAN)
©CNES, 2000, SPOTR
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

spot1_xs_04032000
拡大する

10:54頃観測 SPOT-1 HRV(XS)
©CNES, 2000, SPOTR
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

spot1_pan_04032000
拡大する

10:54頃観測 SPOT-1 PAN
©CNES, 2000, SPOTR
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

radar_04032000
拡大する

05:36頃観測 RADARSAT
Fine4N RADARSAT R-Data©CSA 2000
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

radar_04022000
拡大する

2000/4/2 17:24頃観測
RADARSAT STANDARD2
RADARSAT R-Data©CSA 2000
受信処理:NASDA
画像作成:NASDA/RESTEC

災害観測