閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

事業案内

森林分野

日本で一番、宇宙から世界中の森林を見ているプロフェッショナル集団

遠藤 貴宏

地球温暖化の緩和や土砂災害の防止など様々な役割をもつ森林。現在森林減少の深刻化が懸念され、保全の仕組みが国際的に議論されています。炭素備蓄量が市場取引される可能性も高まっていますが、そのためには森林の炭素吸収量の定量的な計測が必須です。
宇宙からの森林観測の知識・技術・経験を蓄積してきたRESTECが森林に関する社会的課題の解決に貢献します。

森林チームリーダー 遠藤 貴宏

1992年から全世界の森林を観測

RESTECは1992年に打ち上げられた「ふよう1号」以来、世界の森林を観測してきました。JAXAの受託業務により、世界で初めて合成開口レーダで世界の森林マップを作成。世界の大規模森林を合成開口レーダを使って観測しているのは世界でRESTECだけであり、知識・技術・経験を蓄積してきました。さらに2014年5月に打ち上がった「だいち2号」を使えば、詳細な森林観測ができるため、炭素吸収量がより高い精度で推定できると期待されています。

2009年に発表された全世界森林マップ
拡大する

2009年に発表された全世界森林マップ。世界で唯一の高性能マイクロ波センサを使った全世界の森林マップ。緑に表示されたところが森林。

無人飛行機-あらゆるツールを駆使

観測ツールとして無人飛行機を使った計測も実施しています。たとえば2014年に森林総合研究所や国立アマゾン研究所などと協力し、アマゾン熱帯林で炭素動態評価を実施。人力では100m先に進むのに45分かかるジャングルを、開発したLiDARシステムを用いて、約15分で約700mにわたり樹高などを観測し、森林の体積を求めました。本装置はいつでもどこでも高精細な計測が可能です。衛星と無人飛行機、両方の専門知識と技術を駆使し、課題解決に取り組みます。

RESTECは今後、低コストで森林や炭素蓄積量を計測する技術を開発していきます。未来に豊かな森林を受け継ぐために、森林を客観的に評価する事業者のメインプレイヤとなって森林保全に役立つ市場を作り、低炭素社会の実現に貢献していきます。

無人飛行機UAV(Unmanned Aerial Vehicle)
拡大する

無人飛行機UAV(Unmanned Aerial Vehicle)

搭載したレーザーユニット
拡大する

搭載したレーザーユニット

拡大する

観測結果

カメラ計測モードでは高度80mから空間分解能2cmで計測。レーザ計測モードでは単位面積あたり20点で森林の樹冠形状を計測。UAVの計測から樹高と森林の体積が求められました。

アマゾンの違法伐採をブラジル連邦警察と協力して摘発

アマゾンの違法伐採をブラジル連邦警察と協力して摘発

RESTECの強みは、高度な観測画像解析技術を持ち、さらにユーザ自身が使いやすい判読支援ツールやシステムを構築し、研修まで行えることです。

たとえば2009年からJICAのアマゾン熱帯林の違法伐採防止プロジェクトにRESTEC職員を派遣。画像から森林伐採地を抽出できるソフトを開発し、地元警察と連携するシステムを構築。更に現地技術者に指導を行い、3年間で違法伐採件数が半分以下に減少するという画期的な成果をあげました。東南アジアでも違法伐採を減少させる活動に貢献しています。

違法伐採現場の発見

画像から違法伐採と思われる地域をヘリで調査中、実際にトラックで林材が搬送されている現場を発見。

JICAアマゾン熱帯林違法伐採防止プロジェクト

JICAアマゾン熱帯林の違法伐採防止プロジェクトでブラジルの技術者に指導中のRESTEC職員。ソフトウエアやシステムのカスタマイズを行い、現地の技術者自身がその後もアップデートできるように指導しました。

ブラジル・ロンドニア地方のアマゾン熱帯林の伐採の様子

1995年のデータ(2)と2009年のデータ(3)をカラー合成したのが画像(1)。約110km四方中、黄色が森林、濃い焦げ茶が1995年以前の伐採地。赤が1995年~2009年までの15年間の伐採地。画像を解析することで、森林伐採が大幅に増加している様子が一目瞭然になりました。