閉じる

衛星画像販売・ソリューション提供

一般財団法人リモート・センシング技術センター

English
公式Facebookページ公式Facebookページ

成果

平成22年度 研究報告

学会・講演会等での研究発表

RESTECによる森林業務取り組みに関して

春山幸男(RESTEC)

学会

日本森林学会

大会・雑誌 第121回日本森林学会
場所 つくば
日時 2010年4月2日 - 5日

ALOS/PALSARによる森林の多偏波観測

和田裕(RESTEC)

学会

日本森林学会

大会・雑誌 第121回日本森林学会
場所 つくば
日時 2010年4月2日 - 5日

ALOS/PALSARによる森林バイオマス推定方法の検討

小川崇(RESTEC)

学会

日本森林学会

大会・雑誌 第121回日本森林学会
場所 つくば
日時 2010年4月2日 - 5日

Detection of glacial lake using Spacebone SAR data

Tsutomu Yamanokuchi(RESTEC),Takeo Tadono(JAXA),Nobuhiro Tomiyama(RESTEC)

学会

日本地球惑星科学連合

大会・雑誌 日本地球惑星科学連合2010年大会
場所 千葉
日時 2010年5月23日 - 28日

KH-7/GambitおよびALOS/PRISMから得られるDEMの比較

杉村俊郎(RESTEC),磯部邦昭(アジア航測(株))

学会

(社)日本リモートセンシング学会

大会・雑誌 第48回(平成22年度春季)学術講演会
場所 つくば
日時 2010年5月23日 - 28日

時系列ALOS衛星データを用いたハイチ地震の被災領域抽出手法の検討

羽柴秀樹(日本大学),杉村俊郎(RESTEC)

学会

(社)日本リモートセンシング学会

大会・雑誌 第48回(平成22年度春季)学術講演会
場所 つくば
日時 2010年5月23日 - 28日

Detection of glacial lake by SAR data

Tsutomu Yamanokuchi(RESTEC),Takeo Tadono(JAXA),Nobuhiro Tomiyama(RESTEC)

学会

International Glaciological Symposium(IGS)

場所 札幌
日時 2010年6月21日 - 25日

Modeling of small scale surface deformation based on the result of ALOS PALSAR Differential Interferometry
(ALOS PALSAR差分干渉解析結果に基づく局所領域の地盤変動のモデル化)

古田竜一(RESTEC)

大会・雑誌 38th Scientific Assembly of the Committee on Space Research(COSPAR)& Associated Events “COSPAR 2010″
場所 ドイツ・ブレーメン
日時 2010年7月18日 - 25日

High Resolution DSM Generation From ALOS PRISM- Processing Status and Influence of Attitute Fluctuation-

Junichi Takaku(RESTEC),Takeo Tadono(JAXA)

学会

International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS)

大会・雑誌 IGARSS 2010
場所 アメリカ・ホノルル
日時 2010年7月25日 - 30日

Spectral Map Analysis of Brown Olivine in Martian Meteorites By Micro FT/IR

E. Koizumi(RESTEC),T. Mikouchi(University of Tokyo),T. Kurihara(University of Tokyo),M. Miyamoto(University of Tokyo),A. Monkawa(Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute)

学会

The Meteoritical Society

大会・雑誌 73rd Annual Meeting of the Meteoritical Society
場所 アメリカ・ニューヨーク
日時 2010年7月26日 - 30日

Measurement of trace gases in East Asia from Satellite Infrared Radiometer

Fumie Kataoka(RESTEC),Yasushi Mitomi(RESTEC)

学会

The Society of Photo-Optical Instrumentation Engineers(SPIE)

大会・雑誌 SPIE Optical Engineering + Applications
場所 アメリカ・サンディエゴ
日時 2010年8月1日 - 6日

時系列ALOS衛星データを用いたハイチ地震の被災状況の調査

羽柴秀樹(日本大学),杉村俊郎(RESTEC)

学会

(社)土木学会

大会・雑誌 第65回年次学術講演会
場所 札幌
日時 2010年9月1日 - 3日

国土数値情報によるSOM(自己組織化マップ)ベース衛星画像分類処理(その3)

杉村俊郎(RESTEC)

学会

(社)土木学会

大会・雑誌 第65回年次学術講演会
場所 札幌
日時 2010年9月1日 - 3日

ASTERを用いたパタゴニア地域の風成痕(windstreak)の解析
(Geological analysis of the Pall Ake windstreak field, Southern Patagonia, Argentina with ASTER data)

山本彩(RESTEC),J. A. P. Rodriguez(Planetary Science Institute, Tucson)他

学会

(社)計測自動制御学会計測部門リモートセンシング部会

大会・雑誌 第36回リモートセンシングシンポジウム
場所 横須賀
日時 2010年11月4日 - 5日

衛星画像にみる1999年集集大地震被災地の現況
(The recent state of central Taiwan area struck by Chichi earthquake in 1999)

杉村俊郎(RESTEC),磯部邦昭(アジア航測(株)),山本哲司((有)シンク・アース・サイエンス)

学会

(社)日本リモートセンシング学会

大会・雑誌 第49回(平成22年度秋季)学術講演会
場所 鹿児島
日時 2010年11月9日 - 10日

時系列ALOS衛星観測によるハイチ地震後の復興状況の調査
(Research for the revival of situation after Haiti earthquake by using time series ALOS satellite observation)

杉村俊郎(RESTEC),羽柴秀樹(日本大学)

学会

(社)日本リモートセンシング学会

大会・雑誌 第49回(平成22年度秋季)学術講演会
場所 鹿児島
日時 2010年11月9日 - 10日

ALOSデータによるボリビア・アンデス氷河のモニタリング
(Andean Glacier Monitoring in Bolivia by ALOS data)

冨山信弘(RESTEC),小野誠(RESTEC),一丸知子(RESTEC),Edson Ramirez(Instituto de Hidraulica e Hidrologia, Bolivia)

学会

(社)日本リモートセンシング学会

大会・雑誌 第49回(平成22年度秋季)学術講演会
場所 鹿児島
日時 2010年11月9日 - 10日

2010年7月中旬の昭和基地上空の極成層圏雲
(Polar Stratospheric Clouds over Showa Station in mid-July 2010)

一丸知子(RESTEC),門崎学(RESTEC)

学会

(社)日本リモートセンシング学会

大会・雑誌 第49回(平成22年度秋季)学術講演会
場所 鹿児島
日時 2010年11月9日 - 10日

「だいち」ALOSによる高精度土地被覆図
(High accuracy land cover map by “Daichi” ALOS satellite)

門崎学(RESTEC),向井田明(RESTEC),杉村俊郎(RESTEC),一丸知子(RESTEC),高橋陪夫(RESTEC),田殿武雄(JAXA),村上浩(JAXA),奈佐原顕郎(筑波大学),道津正徳(RESTEC)

学会

(社)日本リモートセンシング学会

大会・雑誌 第49回(平成22年度秋季)学術講演会
場所 鹿児島
日時 2010年11月9日 - 10日

PALSARデータを用いた差分偏波比による火災焼失地域の抽出

石井景子(RESTEC),島田政信(JAXA)

学会

(社)日本リモートセンシング学会

大会・雑誌 第49回(平成22年度秋季)学術講演会
場所 鹿児島
日時 2010年11月9日 - 10日

ALOS/PALSARデータを用いた氷河湖抽出と評価

山之口勤(RESTEC),田殿武雄(JAXA),冨山信弘(RESTEC)

学会

(社)日本リモートセンシング学会

大会・雑誌 第49回(平成22年度秋季)学術講演会
場所 鹿児島
日時 2010年11月9日 - 10日

Semi-Automatic Tool for Data Fusion -for the Advanced Education using ALOS Data-

Toshiro Sugimura(RESTEC)

学会

(独)宇宙航空研究開発機構

大会・雑誌 第4回ALOSデータノード共同PIシンポジウム
場所 東京
日時 2010年11月15日 - 17日

Report of current status of test site of landslides in Japan

Ryoichi Furuta(RESTEC),Atsushi Yashima(Gifu University),Kazuhide Sawada(Gifu University),Hiroshi Fukuoka(DPRI, Kyoto University)

学会

(独)宇宙航空研究開発機構

大会・雑誌 第4回ALOSデータノード共同PIシンポジウム
場所 東京
日時 2010年11月15日 - 17日

Detection of the Wide-area Crustal Movement in Kyushu Using ALOS/PALSAR Data

Nobuhiro Tomiyama(RESTEC),Katsuaki Koike(Kumamoto University),Makoto Omura(Kochi Women’s University)

学会

(独)宇宙航空研究開発機構

大会・雑誌 第4回ALOSデータノード共同PIシンポジウム
場所 東京
日時 2010年11月15日 - 17日

Monitoring of Glacier Lakes in the Bhutan Himarayas by ALOS/PALSAR data

Tsutomu Yamanokuchi(RESTEC),Takeo Tadono(JAXA),Nobuhiro Tomiyama(RESTEC)

学会

(独)宇宙航空研究開発機構

大会・雑誌 第4回ALOSデータノード共同PIシンポジウム
場所 東京
日時 2010年11月15日 - 17日

Surface change detection in glacier regions using ALOS PALSAR data

Nobuhiro Tomiyama(RESTEC),Makoto Ono(RESTEC)

学会

American Geophysical Union

大会・雑誌 2010 AGU Fall Meeting
場所 アメリカ・サンフランシスコ
日時 2010年12月13日 - 17日

The Information of PSC and PMC from GOSAT FTS

Gaku Kadosaki(RESTEC),Tomoko Ichimaru(RESTEC),Naohiko Hirasawa(National Institute of Polar Research),Takashi Yamanouchi(The Graduate University for Advanced Studies)

学会

American Geophysical Union

大会・雑誌 2010 AGU Fall Meeting
場所 アメリカ・サンフランシスコ
日時 2010年12月13日 - 17日

Detection of glacial lake using ALOS PALSAR data at Bhutan

Tsutomu Yamanokuchi(RESTEC),Takeo Tadono(JAXA),Nobuhiro Tomiyama(RESTEC)

学会

American Geophysical Union

大会・雑誌 2010 AGU Fall Meeting
場所 アメリカ・サンフランシスコ
日時 2010年12月13日 - 17日

Remote Sensing Data Analysis For The Menelaus Region of the Moon

山本彩(RESTEC)

学会

Lunar and Planetary Institute(LPI)

大会・雑誌 第42回月惑星科学会議(42nd Lunar and Planetary Science Conference)
場所 アメリカ・ウッズランド
日時 2011年3月7日 - 11日

Data Visualization and Web Map Server(WMS)System for Kaguya(SELENE)

A.Yamamoto(RESTEC),T.Fujita(RESTEC),N.Tateno(JAXA),M.Haruyama(JAXA)

学会

Lunar and Planetary Institute(LPI)

大会・雑誌 第42回月惑星科学会議 (42nd Lunar and Planetary Science Conference)
場所 アメリカ・ウッズランド
日時 2011年3月7日 - 11日

Possible Crustal Boundary Exposed at Lunar Copernicus Crater

T.Arai(Chiba Institute of Technology),M.Ohtake(JAXA),A.Yamamoto(RESTEC) ,T.Sugihara(Brown University),T.Hiroi(Japan Agency for Marine),K.Wada(Chiba Institute of Technology),S.Yamamoto,T.Matsunaga(National Institute of Environmental Studies),J.Haruyama(JAXA)

学会

Lunar and Planetary Institute(LPI)

大会・雑誌 第42回月惑星科学会議(42nd Lunar and Planetary Science Conference)
場所 アメリカ・ウッズランド
日時 2011年3月7日 - 11日