お知らせ

衛星画像検索・注文システム「CROSS-EX」サーバの検索機能の再開と 当財団サーバへの不正アクセスの概要について(最終報告)

2013.11.01

当財団が運用している衛星画像検索・注文システム「CROSS-EX」に、セキュリティの脆弱性にともなうサーバへの不正アクセスを受け、財団内部に対策本部を設置し影響調査を行ってまいりました。このたび本件に関する影響調査とりまとめ結果(最終報告)および検索システム再開についてご報告致します。

 

 

1.検索システムの再開について

衛星画像データ検索機能を11月1日より再開いたします。なお、衛星画像の注文につきましては、注文書によりメール、FAX、電話等で受付けております。

 

 

2.影響調査結果(最終報告)について

調査は、開発メーカをはじめ、所轄警察署や情報処理推進機構セキュリティセンター、JPCERTコーディネーションセンターに届出を提出することで協力をいただきながら実施しました。その結果、CROSS-EX内での不正アクセスの全容が解明され、本サーバが発信元となる外部への2次被害等が無いことなどが確認されたものの、流出した情報を特定することが不可能であるとの見解に達しました(詳細は別紙のとおり)。なお、現時点において本件に伴うお客様からの被害報告は受けておりません。

 

 

お客様をはじめ関係機関の方々には、多大なるご心配をお掛けする事態に至りましたことを深くお詫び申し上げます。

 

 

【衛星データ検索・注文に関するお問い合わせ】

一般財団法人リモート・センシング技術センター ソリューション事業部 新規事業開拓室

TEL: 03-6435-6789 (受付時間/平日 9:30~17:30)

E-mail: